2005年04月12日

夏の夜に飛ぶ山不如

 4月11日、asahi.comから。

 桜色添え 武者ズラリ

 越前時代行列 勝家役・藤岡さん号令

 10日の越前時代行列の記事です。“武者隊や音楽隊、総勢約1200人”ということなので、 さぞ見ごたえのあるパレードだろうと思います。

  柴田勝家役の藤岡弘さんはイメージどおりの配役だと思うのですが、いかがでしょうか?

 ところで、勝家は信長の家臣だったというのは有名です。信長死後の後継者争いでは、秀吉と競ったことからも、 有力な家臣であったことがうかがえます。しかし、昔は信長と敵対していた、ということは、ご存知でしょうか?

続きを読む
posted by Dai at 22:27| Comment(45) | TrackBack(1) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

名将の息子

 4月7日、 MSN毎日インタラクティブの記事です。

 九度山町・真田祭 十勇士らをしのび武者行列 /和歌山

 真田父子をしのんで毎年5月5日に行われる九度山町の真田祭は、幸村や十勇士らにふんした300人が町内を練り歩き、 勇壮な時代絵巻を繰り広げる。

 記事の最後に、 真田幸村と真田十勇士についての解説が載っています。僕の出番がありません…。

 さておき、毎年2万人の人が訪れるというこの祭。非常に興味深いです。また、3日・4日には、 子供向けのイベントもあるようです。連休を利用して、九度山町に遊びに行くのも面白いかもしれません。

 ところで、町議会議長の今川年弘氏は、真田大助らにふんしたそうです。この「真田大助」なる人物を、 あなたはご存知でしょうか?

続きを読む
posted by Dai at 00:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

土佐の藩主と日本酒と

 4月3日、高知新聞ニュースから。

 豊作祈ってどろんこ祭り 高知市長浜

 江戸時代、土佐藩主山内忠義が領地検分した際、田植え中の女性がはねた泥がはかまにかかったが、藩主は怒らず 「農作業に励むように」とねぎらったため、喜んだ女性らが泥を掛け合ったのが由来とされる。

 山内忠義は、土佐藩の第二代藩主です。

 忠義は初代藩主・ 山内一豊の弟、山内康豊の長男で、一豊の養子となりました。1605年の一豊が没すると、 家督を相続します。

 立派な髭を生やした、六尺余りの大男だったそうです。見た目も豪傑ならば、酒の飲み方もまた豪快だったようで、 こんなエピソードがあります。

続きを読む
posted by Dai at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

名将の業績

 4月1日、 日刊県民福井の記事です。

 大谷吉継の顕彰会発足

 人気の殿様 敦賀に活力

 大谷吉継といえば、三成の友情に殉じて関ヶ原に散った、戦国の義将です。

 吉継は、天刑病(ハンセン氏病、らい病)を患っていました。そのため彼は普段から、顔を布で覆い、 手足に包帯を巻いて生活していました。関ヶ原の合戦の頃には、体調も優れなかったようです。

 彼は三成の挙兵に反対、三日三晩に渡り説得しました。それでも三成が折れないので、吉継は協力を約束します。 この戦に勝機が少ないと感じながら…。

続きを読む
posted by Dai at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

鉄砲演武

 3月28日、 MSN毎日インタラクティブからです。

 紀州鉄砲まつり:

 戦国さながらの演武を披露−−岩出町 /和歌山

 紀州といえば鉄砲、鉄砲といえば雑賀孫市な僕にとって、ぜひとも見に行きたかったイベントです。

 鉄砲の演武というと、小説「尻喰らえ孫市」 にて、雑賀衆が信長の前でみせたものが真っ先に思い浮かびます。さすがに、 あそこまで曲芸じみたことはやらないでしょうが、 かなりの迫力だったのは間違いないでしょう。

 それと、参加団体に根来と雑賀の名前が並んでいるのが、ちょっと面白く感じました。

 (MSN毎日インタラクティブ

posted by Dai at 18:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

髭男決定!

 eまち.comよねざわで募集していた、 「髭面募集!」 の当選者が発表されました。

 3人ともご立派な髭の持ち主ですが、直江賞を受賞されたバロンさんが、一番イメージどおりかと個人的には思います。

 実は僕も髭男なのですが、ここに投稿している猛者たちにはかないそうもなかったので、応募しなかったのです…。 来年に備えて、今から手入れをしておこうと思う今日この頃。

 それにしても、こんな形で戦国時代にアプローチするというアイデア、流石です!

 (eまち.comよねざわ

posted by Dai at 18:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

文化財と不況

 3月17日、河北新報の記事です。 古くなってしまった…。

 政宗自筆の和歌、不動明王画像…仙岳院宝物、散逸の危機 仙台

 仙台市登録文化財36点が、差し押さえを受けた模様。その土地に縁のある文化財は、「そこにあるから価値がある」 と思います。とはいえ、差し押さえ自体が法に反するわけでもなく、「心配だが、見守るしかない」 (本文より)というのが実情です。

 本文の締めくくりには、こう書かれています。

 仏具業者は「文化財の差し押さえは避けたかったが、仕方なく行った。 仙岳院を管理する天台宗総本山が債権者救済に乗り出しておらず、宝物差し押さえは今後も問題解決の選択肢の一つだ」 と話している。

 宗教法人といえども、不況の煽りは免れないようです。世知辛い世の中ですね。

 (河北新報社

posted by Dai at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

童心に帰って

 3月16日、 MSN毎日インタラクティブの記事から。

 津山城跡:400年記念事業の忍者イベント開催 参加者を募集−−来月29日 / 岡山

 津山市の津山城跡で4月29日、津山城築城400年記念事業として小学生対象に開くイベント「忍者参上! 〜まちをかけぬけ、遊びたおせ!」の参加者を募集している。

 忍者ごっこですか。子供がメインですが、大人のスタッフも募集しているそうです。童心に帰って楽しめそうですね。 「五感を使ってイメージをふくらませ、…」って、どんなことをするんでしょう?

 (MSN毎日インタラクティブ

posted by Dai at 22:31| Comment(2) | TrackBack(1) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

外交手腕

 3月14日、 MSN毎日インタラクティブの記事からです。

 日ソ共同宣言:最終交渉メモ 沖縄返還絡め生々しい会話も

 日本とソ連が国交を回復した日ソ共同宣言(1956年10月19日署名) に向けた最終交渉のやり取りを克明に記したメモが14日、明らかになった。 当時の河野一郎農相とフルシチョフ共産党第1書記の会談が中心。北方四島についてフルシチョフ氏が「歯舞、色丹はたいして価値がない。 国後、択捉も同様だ」と述べ河野氏が「日本としても、国後、択捉はそう必要だと思っていない。 米国から沖縄などを吐き出させるためにも国後、択捉を返していただいて(沖縄返還)運動を有利にしたい」 と答える生々しい場面も含まれている。

 沖縄返還と北方領土問題、この2件の問題が、実は密接な関わりをもっていることを裏付ける資料です。

 「ソ連側としてし持っているだけで損がいく。問題は威信、戦略にある」とは、 記事中のフルシチョフ共産党第1書記の言ですが、日本とソ連の領土交渉の背景に、実は米ソ対立の冷戦があったんですね。

 地方都市日記さんでも取り上げられていました。 それによると、

 フルシチョフ氏に「日本人はなんて頑固なんだ」と言わしめたほど、 河野氏はかなり粘っていたようです。

 現在の日本における外交を、河野さんなら、どう見るでしょうか?今の政治家の方々にも、見習っていただきたいものです。

 (MSN毎日インタラクティブ

 (地方都市日記

posted by Dai at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

ある紳士の回顧

 3月10日付の読売新聞から。

 毛沢東もだまされた!信頼のオランダ政党、実はおとり

 中国共産党に信頼されたオランダ・マルクス・レーニン主義者党は、諜報(ちょうほう)機関が作った“おとり政党” だった――。

 一国の指導者をまんまと騙した、その舞台裏の暴露本が出版されたそうです。

 時々色々さんでも、 取り上げられています。

 自国民の権利やプライバシーを侵害する可能性の高い諜報機関の活動は、 表向きは自由主義だからこそ逆に地下組織的になっていたのかもしれません。

 同感です。諜報機関の暗躍は、国体・思想に関わらず、各国で行われていたのだと思います。もっとも、 情報戦は実態が分からないからこそ情報戦足りうるので、確実ではありませんが…。

 それにしても、オランダにとってはかなりの重要機密のハズ。ソースの入手先を明かしていないとはいえ、 レムケス内相が怒るのも当然かと。

 そうは言っても、やっぱり読んでみたいですね、コレ。日本語訳とか、出してくれないかな?

 (読売新聞

 (時々色々

posted by Dai at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。