2005年04月12日

夏の夜に飛ぶ山不如

 4月11日、asahi.comから。

 桜色添え 武者ズラリ

 越前時代行列 勝家役・藤岡さん号令

 10日の越前時代行列の記事です。“武者隊や音楽隊、総勢約1200人”ということなので、 さぞ見ごたえのあるパレードだろうと思います。

  柴田勝家役の藤岡弘さんはイメージどおりの配役だと思うのですが、いかがでしょうか?

 ところで、勝家は信長の家臣だったというのは有名です。信長死後の後継者争いでは、秀吉と競ったことからも、 有力な家臣であったことがうかがえます。しかし、昔は信長と敵対していた、ということは、ご存知でしょうか?

続きを読む
posted by Dai at 22:27| Comment(45) | TrackBack(1) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

名将の息子

 4月7日、 MSN毎日インタラクティブの記事です。

 九度山町・真田祭 十勇士らをしのび武者行列 /和歌山

 真田父子をしのんで毎年5月5日に行われる九度山町の真田祭は、幸村や十勇士らにふんした300人が町内を練り歩き、 勇壮な時代絵巻を繰り広げる。

 記事の最後に、 真田幸村と真田十勇士についての解説が載っています。僕の出番がありません…。

 さておき、毎年2万人の人が訪れるというこの祭。非常に興味深いです。また、3日・4日には、 子供向けのイベントもあるようです。連休を利用して、九度山町に遊びに行くのも面白いかもしれません。

 ところで、町議会議長の今川年弘氏は、真田大助らにふんしたそうです。この「真田大助」なる人物を、 あなたはご存知でしょうか?

続きを読む
posted by Dai at 00:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

土佐の藩主と日本酒と

 4月3日、高知新聞ニュースから。

 豊作祈ってどろんこ祭り 高知市長浜

 江戸時代、土佐藩主山内忠義が領地検分した際、田植え中の女性がはねた泥がはかまにかかったが、藩主は怒らず 「農作業に励むように」とねぎらったため、喜んだ女性らが泥を掛け合ったのが由来とされる。

 山内忠義は、土佐藩の第二代藩主です。

 忠義は初代藩主・ 山内一豊の弟、山内康豊の長男で、一豊の養子となりました。1605年の一豊が没すると、 家督を相続します。

 立派な髭を生やした、六尺余りの大男だったそうです。見た目も豪傑ならば、酒の飲み方もまた豪快だったようで、 こんなエピソードがあります。

続きを読む
posted by Dai at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

名将の業績

 4月1日、 日刊県民福井の記事です。

 大谷吉継の顕彰会発足

 人気の殿様 敦賀に活力

 大谷吉継といえば、三成の友情に殉じて関ヶ原に散った、戦国の義将です。

 吉継は、天刑病(ハンセン氏病、らい病)を患っていました。そのため彼は普段から、顔を布で覆い、 手足に包帯を巻いて生活していました。関ヶ原の合戦の頃には、体調も優れなかったようです。

 彼は三成の挙兵に反対、三日三晩に渡り説得しました。それでも三成が折れないので、吉継は協力を約束します。 この戦に勝機が少ないと感じながら…。

続きを読む
posted by Dai at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。