2005年04月03日

名将の業績

 4月1日、 日刊県民福井の記事です。

 大谷吉継の顕彰会発足

 人気の殿様 敦賀に活力

 大谷吉継といえば、三成の友情に殉じて関ヶ原に散った、戦国の義将です。

 吉継は、天刑病(ハンセン氏病、らい病)を患っていました。そのため彼は普段から、顔を布で覆い、 手足に包帯を巻いて生活していました。関ヶ原の合戦の頃には、体調も優れなかったようです。

 彼は三成の挙兵に反対、三日三晩に渡り説得しました。それでも三成が折れないので、吉継は協力を約束します。 この戦に勝機が少ないと感じながら…。

続きを読む
posted by Dai at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。