2005年02月17日

あんぱんを食べながら

  こんな記事を見つけました。

 あら!これが明治の…木村家ペストリー・ショップ
築地のあんパンオールスターズ

 僕は甘いものに目がなく、あんパンも大好きです。で、読み進めていくと、山岡鉄舟の名前が!意表を突かれました…。

 木村屋總本店さんの 「あんぱん読本」を見てみると、

 明治8年、明治天皇の侍従をしていた山岡鉄舟が店を訪ねました。鉄舟と安兵衛は明治維新前からの知り合いです。

 …!!山岡鉄舟と知り合い!?安兵衛さん、すごいなぁ…。しかし考えても見れば、僕らの目からみた山岡鉄舟は、 本や史料に登場する偉人だけれど、この時代に生きた人にとっては、血肉の通った人間なんだなぁ、と感じました。

 山岡鉄舟はご存知ない方も多いかも知れませんね。高名な剣術家であると同時に、論客としても優秀で、 江戸無血開城の立役者の1人。勝海舟と並び評された人物です(ちなみに、勝海舟、山岡鉄舟、鉄舟の兄である高橋泥舟をまとめて”幕末の三舟” と呼んだりします)。明治時代には、明治天皇の側近として、信頼を得ていました。

 今日はあんパンでも食べながら、維新の英傑に想いを馳せてみようかと思います。

 (All About

 (木村屋總本店

posted by Dai at 20:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
幕末はよくわからないのですが、山岡鉄舟の名前くらいは・・・
鉄舟が明治天皇の側近だったとは知りませんでした。
勉強になりました♪

アンパンは苦手です(。><)
Posted by tohfucat at 2005年02月18日 05:28
山岡鉄舟の、こんなエピソードが好きなんです。

明治天皇がまだ幼い頃、天皇と相撲相手をしたお付がご機嫌をとって負けてばかりいました。
ところが、鉄舟が相手をしたときには、天皇を高く持ち上げ池に放り投げてしまいました。
鉄舟は天皇を厳しく教育し、天皇も鉄舟を信頼していたそうです。

武士の気概を感じさせる逸話です。
Posted by Dai at 2005年02月18日 20:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。