2005年02月23日

たまには、サイクリングでも

 2月23日、共同通信の記事です。

 「坂の上の雲」舞台巡って 松山、放置自転車貸し出し

 放置自転車の再活用もできるし、観光のPRにもなる、いいアイデアですね!

 司馬遼太郎先生のファンならば、一度はいってみたいこの企画。小説の雰囲気が肌で感じる事ができそうですね。 松山市に行く予定があって、まだ「坂の上の雲」を読まれていない方は、是非一読してから行ってみてほしいです。楽しさも倍増しますよ。

 (共同通信

posted by Dai at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月22日

ローマの礎

 2月21日、YOMIURI ON-LINEの記事です。

 ローマ建国王のロムルス宮殿跡?伊の教授が遺構発見

 ローマ市内で紀元前8世紀の宮殿跡が見つかり、 紀元前753年にローマを建国したとされる伝説の王ロムルスの王宮ではないかとの説が浮上している。

 ローマ建国の祖とされるロムルスは、軍神マルスの息子(!)として生まれました。ロムルスにはレムスという弟がいました。

 彼らは生まれてすぐに、政敵アムリウス(二人にとって、祖父の弟)によって命を奪われそうになります。しかし、 殺すに忍びないと思ったアムリウスの家臣は、兄弟をテヴェレ川に流しました。それを一匹の雌狼が拾ってきて、兄弟に乳を与え、育てました。 その現場を目撃した牧人に拾われ、二人は牧人として育てられます。

 彼らは成長し、パラティウムの丘で放牧していました。あるとき、アウェンテヌスの丘の牧人たちといさかいが起こります。 しかし敵方のボスは、なんと自分たちの祖父ヌミトル!アムリウスとの政争に敗れたヌミトルは、ここで牧人として暮らしていたのでした。 そこで、祖父と孫は手を結び、アムリウスを破りました。

 その後、国の実力者となった兄弟の間で争いが起こり、兄は弟を殺してしまいます。こうしてロムスルの町「ローマ」 が生まれました。ローマの歴史は、ここから始まります。

 ちなみに、ローマ帝国の祖がロムルスならば、西ローマ帝国(476年滅亡)の最後の皇帝もロムルスという名前でした。 歴史の皮肉を感じさせられます(補足:東ローマ帝国は1453年に滅亡しました)。

 (YOMIURI ON-LINE

posted by Dai at 19:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 世界史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

英雄と名刀と

 2月20日の 中日新聞からです。

 平安〜江戸末期の名刀を一堂に

  平安から江戸時代末期までを中心にした名刀を一堂に集めた展示「いま甦(よみがえ)る武人(もののふ) の心 日本の刀 赤羽(あかばね)刀から観る刀剣の歴史と美」が19日、四日市市安島の市立博物館で始まった。3月21日まで。

 面白そうな催し物です。近場であったら、絶対に行ってますね。記事によると、かの有名な「正宗」や「村正」 もあるそうです。

 「正宗」といえば、伊達政宗と「正宗」にまつわる、こんなエピソードがあるのをご存知でしょうか?

 ある時、江戸城内で某大名が「伊達殿は正宗をお持ちでしょうか?」と尋ねました。その当時、政宗は62万石の大大名。 各下の相手に見栄を張り、つい、持っていると答えてしまいました。

 その後、政宗は大急ぎで蔵の中を調べさせたものの、正宗はどこにもありません。そこで政宗は、 正宗によく似た刀を正宗と言い張る事にしました。しかも、「正宗」 と銘を刻ませる程の念の入れようです。

 後日、件の某大名とばったり会った政宗は、「これが、私の正宗です」とその刀を見せました。某大名はわざとらしい 「正宗」の銘を見て、不審に思いました。が、大大名である政宗の刀の真贋をただすことなどできません。ましてやこの時代、 大名の所蔵する刀の真贋をただすということは、斬られても仕方ない程の無礼とされていました。

 そんな訳で、某大名はついに偽正宗だと指摘する事ができませんでした。英雄政宗の意外なエピソードでした。

 (中日新聞

posted by Dai at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

信長街道

 2月18日付けの 中日新聞の記事から。

 歴史ロマン感じて歩いて

 蟹江「信長街道」に案内板

 織田信長19歳ぐらいのころの、清洲攻めの際に行軍した道だと伝えられているそうです。 蟹江町のホームページによると、

 昔ながらの道ですので、車で通るには狭い道ですが、道沿いには寺社や酒蔵があり、 歩くと歴史のロマンを感じることができます。

 このような古い町並みは、可能な限りそのままでいてほしいです。そこに住んでいる方々の生活もあるので、 一概には言えることではないのですが、やはりこうしてその当時を偲ばせる風景があるというのは、いいものではないかと思います。

 一度、じっくり歩いてみたいですね。

 (中日新聞

 (蟹江町

posted by Dai at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

あんぱんを食べながら

  こんな記事を見つけました。

 あら!これが明治の…木村家ペストリー・ショップ
築地のあんパンオールスターズ

 僕は甘いものに目がなく、あんパンも大好きです。で、読み進めていくと、山岡鉄舟の名前が!意表を突かれました…。

 木村屋總本店さんの 「あんぱん読本」を見てみると、

 明治8年、明治天皇の侍従をしていた山岡鉄舟が店を訪ねました。鉄舟と安兵衛は明治維新前からの知り合いです。

 …!!山岡鉄舟と知り合い!?安兵衛さん、すごいなぁ…。しかし考えても見れば、僕らの目からみた山岡鉄舟は、 本や史料に登場する偉人だけれど、この時代に生きた人にとっては、血肉の通った人間なんだなぁ、と感じました。

 山岡鉄舟はご存知ない方も多いかも知れませんね。高名な剣術家であると同時に、論客としても優秀で、 江戸無血開城の立役者の1人。勝海舟と並び評された人物です(ちなみに、勝海舟、山岡鉄舟、鉄舟の兄である高橋泥舟をまとめて”幕末の三舟” と呼んだりします)。明治時代には、明治天皇の側近として、信頼を得ていました。

 今日はあんパンでも食べながら、維新の英傑に想いを馳せてみようかと思います。

 (All About

 (木村屋總本店

posted by Dai at 20:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

佐々成政と肥後国衆

 2月16日付け、MSN毎日インタラクティブの記事です。

 華やか勇壮、戦国絵巻−−三加和町「戦国肥後国衆まつり」 /熊本

  三加和町の「戦国肥後国衆まつり」が13日、同町民広場であり、華やかな戦国合戦絵巻を繰り広げた。

  三加和町のサイトに、詳しい情報が載っています。

 1587(天正15)年、肥後国主である佐々成政は、検地を行いました。それに抵抗する肥後国衆が、一揆を起こしました。 しかし一揆勢は次第に追い詰められ、最後の砦となったのが、三加和町にある和仁氏の居城、「田中城」なのだそうです。

 ちなみに成政は、「3年間は検地を禁ずる」という秀吉の命令を破り、一揆を誘発したという罪で、所領没収の上、 摂津尼崎で切腹を申し渡されました。1588年、成政49歳でした。

 辞世は「 このごろの 厄妄想を 入れ置きし 鉄鉢袋を 今破るなり」

 (MSN毎日インタラクティブ

 ( 三加和町

posted by Dai at 21:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

福島政則?

 2月14日、Sankei Webの記事です。

 明治大入試で出題ミス 全員を正答扱いに

  明治大は14日、情報コミュニケーション学部の入試で2問の出題ミスがあったと発表した。 この問題について全員を正答扱いにするという。

 ○福島正則→×福島政則ですか。パッと見た限りでは、ありそうな名前だと思いますが…。 googleで「福島政則」 を検索すると、734件もヒットします。意外と多いんですね。

 ちなみに、ちょっと古いですが、2月11日の 中日新聞

 福島正則も蒲郡で採石

 地元市職員が刻印入りの岩発見

  戦国大名福島正則(1561−1624年)の刻印が入った岩が、蒲郡市西浦町の海岸で見つかった。 1610年の名古屋城築城で、徳川家康の命を受けた大名の一人として、福島正則が石垣にする石を採った名残とみられる。

 こちらは正解。ちなみに正則は、武人としての才能はもちろん、治水事業における才能もあったようです。

 また、奥さんに薙刀振り回されて逃げてみたり、家臣の奥さんに怒られたり、酒の席で大事な槍「日本号」 を手放してしまったり(黒田節ですね)…いろいろ憎めないエピソードの多い武将です。ただの聖人君子より、人間味があっていいですね。

 (Sankei Web

 (中日新聞

 

posted by Dai at 23:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バレンタインデーの悲劇

 皆様、バレンタインデーをいかがお過ごしでしょうか?

 Wikipediaの「今日は何の日?」というコーナーで、こんなものを発見しました。

 聖バレンタインデーの虐殺

 聖バレンタインデーの虐殺(せいバレンタインデーのぎゃくさつ、St. Valentine's Day Massacre)とは、1929年2月14日にシカゴで起きたギャングの抗争事件。アル・カポネと抗争を繰り広げていたバッグズ・ モラン一家のヒットマン6人及び通行人一人の計7人が殺害された。事件自体はそれほど重要というわけではなかったが、 犯人たちが警官に扮していたこともあって全米中のマスコミの注目を集めた。

 まさかバレンタインデーとアルカポネがリンクするとは思わなかったので、びっくりです。この事件以前と以後で、 民衆のカポネに対する評価がガラリと変わります。

 事件以前は慈善活動などで、大衆の支持を得ようとしていたそうです。また、持ち前の明るい性格で、 マスコミ受けも上々でした。

 ところがこの事件以後、いよいよ政府も黙っていられなくなります。ここから、エリオット・ ネス率いる捜査チームとの争いが始まります。アンタッチャブルですね。

 皆さんも、くれぐれもこんな血なまぐさい事に巻き込まれないように、まっとうに生きてくださいね。 (←余計なお世話ですね)

 (出典 Wikipedia

posted by Dai at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

いろいろと付けてみました。

 いろいろ取り付けてみました。各コンテンツの配置換えもおこなったので、 以前から来ていただいている方々は戸惑うかもしれませんが、よろしくお願いします。

有名なものばかりかも知れませんが、今回取り付けたものをご紹介します。

BlogPet

 以前は「こうさぎ」のみだったのですが、最近になって、新しい仲間が登場した模様。僕は子犬を飼いました。呼んだとき (クリックしたとき)の首のかしげ方が決め手でした。名前の由来は、「雑賀孫市」からもらいました。司馬遼太郎先生の「尻喰らえ孫市」 は面白いですよ。

feed meter

 人気度ランキングです。上位を見ると、有名なサイトさんばかりです。別にランキング入りが狙いというわけではなく、 「更新頻度が見た目でチェックできる」という点がいいかな、と。ついついサボってしまいそうですから…。

 ・人気blogランキング

 こちらは純粋なランキング。「歴史」のカテゴリに入っています。上位のblogはやはり面白いですね。 是非のぞいてみてください。当blogのバナーから行っていただけると、順位が上がって僕が喜びます。

 続々とblog用の新しい機能が登場してくるので、楽しみですね。面白そうなものを見付けたら、 また設置してみようと思います。

 以上、歴史とは全然関係ない記事でした。

posted by Dai at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月13日

バレンタインデーって、何?

(本日は少々いじけがちですので、ご注意を)

世間はバレンタインデーとやらで浮かれているようです。なんでも、女性からチョコレートをもらえる日だそうです。

…まぁ、引きこもり系会社員の僕には、関係ないですが。

さて、皆さんそんなに浮かれているわけですし、このイベントの起源もご存知であろうかと思いますが、 万が一知らないと恥ずかしい思いをするかも知れません。

ということで、バレンタインデーの起源を解説している記事を発見したので、 チョコレートをあげる人ももらう人も、ちゃんと見ておくように!

かの有名な、松永さんの「絵文録ことのは」です。中国でのバレンタインデー(情人節) の解説も載っています。

以上、バレンタインデーに向けての予習です。しっかり勉強しておきましょう。

…ハァ…。

posted by Dai at 18:54| Comment(2) | TrackBack(1) | 世界史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。